Chanting


ヴェーディック・チャンティング

インド最古の教えと言われる、ヴェーダを詠唱することを、ヴェーディック・チャンティングといいます。

様々なヨーガの練習方法の中の一つに、チャンティングがあります。

 

「音」を声に出して唱える練習方法をチャンティングと言います。

「音」は全てサンスクリット語です。

あまり知られていませんが、クリシュナマチャリア師の教えでは、この「音」を使ったチャンティングはとてもよく用いられます。

 

チャンティングの音はとても美しいので、聞くだけでも癒されますが、唱えることで、ご自分で自身を癒し、ポジティブに導いてくれる、とてもパワフルな練習方法です。

 

ヴェーディック・チャンティングの練習方法は、生徒と先生の1対1のマンツーマンで行います。

先生の唱える「音」をしっかり聞き、その「音」を聞いた通りに唱える、伝統的な口頭伝承の方法です。

 

伝統的で、尊く神聖な練習方法なので、とてもしっかりとしたルールがあります。

「発音」「音程」「長さ」など、この他にもしっかりと決まっています。

 

ですが、初めは「音」を声に出すことを楽しんでいただけるように、段階を踏みながら、分かりやすく丁寧に指導することを心がけていますので、どうぞご安心ください。

 

ヨーガ・リラックスクラスでも、短いチャンティングを体験していただけます。